『僕が七不思議になったわけ』の著者最新作。
声の色が見える僕は、透明な君に恋をした。
君の色に耳をすまして
著者/小川晴央
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 芸大に通う杉野誠一は“声の色”で見たくもない人の感情や嘘が見えてしまうことに悩まされていた。そんな彼がキャンパスで出会ったのは声を失った透明な女の子。『川澄真冬』と書かれたメモ帳で自己紹介をした彼女は、誠一の映像制作を手伝いたいと申し出た。不審がる誠一の前に、古ぼけたカセットが置かれる。そして、彼女は手伝う条件として、テープに録音された姉の歌を映像に入れて欲しいという。
 声の色を気にせず話せる彼女に惹かれ、生まれて初めて心の色を知りたいと願う誠一。だけど、彼女の透明な色には秘密があって――。

試し読みをする
【書誌情報】
君の色に耳をすまして
小川晴央
  • 発売日 2015年8月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-865388-6
著者プロフィール

大阪府在住。『僕が七不思議になったわけ』で第20回電撃小説大賞<金賞>受賞。プロフィール欄に堂々と書けるかっこいい経歴が欲しかったようで、「自分探し7級」を取得。

小川晴央の作品

ページの先頭へ