凸凹警官コンビをおそう、ほっこり、たまにヒヤヒヤ?のハプニング!
迷惑110番プルルルルルルル
著者/尾嵜橘音
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 いっこうに減らない迷惑な110番への対策として、警視庁が試験的に設けた“低緊急性警察通報用電話対策係”、略して“テーキン”。
 配属された新米巡査のかおりが緊張しつつ初出勤すると、部屋にはヤル気の欠片も見られない上司の羽瀬だけ。所属たった2人の零細部署だった。「猫がうるさい」などの何とも肩すかしな内容ばかりだけど電話は毎日鳴り止まず、かおりはてんてこ舞い。そんな中、ある日突然「息子が誘拐された!」という“超緊急”案件がなぜかテーキンに迷い込んできて──!?

試し読みをする
【書誌情報】
迷惑110番プルルルルルルル
尾嵜橘音
  • 発売日 2015年8月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-865393-0
著者プロフィール

東京生まれ、千葉県在住。射手座、A型。趣味は読書と映画鑑賞。ロックを聴きながら小説を書いています。

尾嵜橘音の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ