魔法使いの革工房、今日も依頼が舞い込んで――。 こめた想いが時代を越えて、人とのご縁がまた巡る。
ハイカラ工房来客簿2
神崎時宗と巡るご縁
著者/つるみ犬丸
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 魔法のような技術で、革にまつわる面倒事を解決してくれる、噂の革工房『ハイカラ工房』。工房を切り盛りする店主は、目つきは悪いが腕は確か、情に厚い若き革職人・神崎時宗。今日も作業台でにらめっこ中。どうやら工房にひと筋縄ではいかない依頼が舞い込んだようで――。
 威厳無しの七光り軍人に貫禄を持たせる革ベルト、学校嫌いの少年の心まで直すランドセル、戦地の夫に想いを届けるトンビのコート、おまけに時宗の工房に弟子が転がり込んできて。
 そして、ついに待ちに待った瞬間が訪れる。時宗が選び取る選択とは――。

試し読みをする
【書誌情報】
ハイカラ工房来客簿2
神崎時宗と巡るご縁
つるみ犬丸
  • 発売日 2015年8月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-865408-1
著者プロフィール

大阪府在住。『駅伝激走宇宙人 その名は山中鹿介!』でデビュー。続編となる『サムライ・ランナー』も発売中。魅力的で生き生きとしたキャラクター描写が持ち味。

つるみ犬丸の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ