もう一度、あの恋に賭けてみようと思った。二ヶ月連続、上下巻構成で贈る三秋縋の完全新作。
僕が電話をかけていた場所
著者/三秋 縋
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ずっと、思っていた。この醜い痣さえなければ、初鹿野唯の心を射止めることができるかもしれないのに、と。「電話の女」の持ちかけた賭けに乗ったことで、僕の顔の痣は消えた。理想の姿を手に入れた僕は、その夜初鹿野と再会を果たす。しかし皮肉なことに、三年ぶりに再会した彼女の顔には、昨日までの僕と瓜二つの醜い痣があった。
 初鹿野は痣の消えた僕を妬み、自宅に閉じこもる。途方に暮れる僕に、電話の女は言う。このまま初鹿野の心を動かせなければ賭けは僕の負けとなり、そのとき僕は『人魚姫』と同じ結末を辿ることになるのだ、と。

試し読みをする
【書誌情報】
僕が電話をかけていた場所
三秋 縋
  • 発売日 2015年9月24日
  • 定価 (本体550円+税)
  • ISBN 978-4-04-865442-5
著者プロフィール

1990年生まれ、岩手県出身の作家。ウェブ上で『げんふうけい』名義の小説も発表し、人気を博している。

三秋 縋の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ