山を越え、川を渡り、約470km。波瀾万丈の旅をする柴犬のほっこりストーリー
真白、はじめてのお伊勢参り
著者/行田尚希
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 おいら、柴犬の真白。
 お春ちゃんが重い病にかかってしまった。お医者様に診てもらっても原因がわからないらしい。そんなとき「伊勢という場所に有名な大神宮があって、そこには八百万の神様の中でも一番大きな力をもつ神様がいる。その神様にお願いすると、なんでも叶えてもらえる」って聞いたんだ。
 おいら、伊勢に行くよ! そして、お大好きな春ちゃんを元気にしてもらうんだ!!
 でもさ、伊勢ってどこ?

 江戸から伊勢まで約470km。長い長い、そして波瀾万丈の旅が始まる。真白は無事、伊勢に着けるのだろうか?

試し読みをする
【書誌情報】
真白、はじめてのお伊勢参り
行田尚希
  • 発売日 2015年9月24日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-865468-5
著者プロフィール

栃木県出身在住。2月2日生まれ。A型。第19回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞しデビュー。代表作は『路地裏のあやかしたち』シリーズ。

行田尚希の作品

ページの先頭へ