土曜の夜にバケモノたちが集う料理店がある。
行列のできる不思議な洋食店
~土曜の夜はバケモノだらけ~
著者/秋目 人
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ある土曜の夜のこと。
 空腹を満たそうと自宅を出た女子大生の山嶺結は、自宅近くの商店街にひっそりと建つ洋風家庭料理店『すずらん』の前に立っていた。
 木製の扉には「会員専用時間帯です」と書かれたサインプレートがかかっている。
 うしろからやってきた他の客と話すうち、なし崩し的に彼女は店に足を踏み入れる。
 そこで結が目にしたのは、バケモノ――いわゆる怪物、幻獣、妖精などと言われる存在で満席の店内だった……。
 あなたも『すずらん』で、愉快なバケモノたちと一緒に、美味しい料理に舌鼓を打ってみるのはどうだろう。

試し読みをする
【書誌情報】
行列のできる不思議な洋食店
~土曜の夜はバケモノだらけ~
秋目 人
  • 発売日 2015年10月24日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-865510-1
著者プロフィール

1982年生まれ。福島県出身。東京都在住。第17回電撃小説大賞応募作『騙王』でデビュー。他作品に『謀王』『依頼は殺しのあとに』『ショコラの王子様』などがある。

秋目 人の作品

  • とろけるような甘いチョコをつくる イケメンのショコラティエには大きな秘密が……

  • 清掃会社「にこにゃんハウスクリーニング」。 果たして、その実態は……?

  • いじめ、万引き、同性愛、レイプ、殺人……。 黒く染まった美しい少女たちを生々しく描く

  • 敵も味方も謀りつくす。痛快な時代ロマン小説!

  • 国分寺駅近くの不思議な画廊では、 美しき絵画が命をもって動き出す――。

  • 騙りつくすことで運命を切り開いた少年を描く、 痛快な時代ロマン小説

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ