“お役所仕事”なんて一切なし!?
元気な明日は若い二人が作ります……たぶん。お役所恋愛ストーリー!
やくしょのふたり
著者/水沢あきと
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 矢田聡司、社会人3年目。勤めていた会社から急な出向を命じられた不幸な彼は、初日の通勤中、痴漢に間違われたところを美女に助けられる。
 彼女の名は鏑木彩佳。感謝する矢田が身の上を明かした瞬間、彼女は不機嫌も露わに去ってしまう。その理由がわからず困惑する矢田だが、出向先の同僚として不機嫌な美女と運命の再会を果たすことに。
 そんな矢田の新しい仕事とは、『消費者省』という商品の安全性を守るために作られた『国の役所』で働くこと。ハードな職場で訳ありクール美女と凸凹コンビを組むことになった彼は、次第に彼女が抱える秘密を知っていくが……。

試し読みをする
【書誌情報】
やくしょのふたり
水沢あきと
  • 発売日 2015年11月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-865574-3
著者プロフィール

東京在住の兼業作家。2006年、第6回電撃hp短編小説賞銀賞を受賞。他の著作には『不思議系上司の攻略法』、『彼女と僕の伝奇的学問』、『アイドルとマーケティングの4P』等がある。

水沢あきとの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ