「不動産屋って、その人の人生の居場所とか、
幸せまで探せる仕事なんじゃないですか?」
不動産男子のワケあり物件
著者/成田名璃子
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

「不動産屋を見たら、まずは詐欺師だと疑え」
 俺はそう断言できる。ウチの社長は平気で客を事故物件とか悪条件の部屋にぶち込もうとする。でも、本当に幸せになれる物件を宛てがうことが俺たちの仕事じゃないのか? お客さんが本当に満足できる物件がほかにもあったかもしれないのに、不動産の都合で部屋を押しつけるなんて……。
 そんな想いを抱えるものの、自分も身元を偽って面接を受けた研修中の身。就職活動がうまく行かなかったとはいえ、本当にこんな不動産屋に就職して良いのだろうか?
 物件探しにも役立つ、不動産屋業界の裏を描いた青春物語。

試し読みをする
【書誌情報】
不動産男子のワケあり物件
成田名璃子
  • 発売日 2015年12月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-865676-4
著者プロフィール

青森県生まれ、東京都在住。魚座、A型。趣味は星占いと散歩。昔は東京に憧れていたが、今は田舎に憧れを持っている。会社員を辞め、現在はフリーのコピーライターも兼業。座右の銘は「何となく」。

成田名璃子の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ