京都の路地裏には、今日も
ふしぎな「ご縁」がやってくる。
京都骨董ふしぎ夜話
著者/獅子ししゃも
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 京都祇園の路地裏にたたずむ「桃枝骨董店」。三代目店主未之助と弟子兼使用人の天草がいるこの店には、骨董品はもちろん、時には不用品や盗品といったものまで――、毎日不思議な“ご縁”が品物とともに舞い込んでくる。
 京都に春が訪れたある日。大学進学のため、全寮制の高校を卒業した孫娘・光が7年ぶりに帰ってくる。と同時に、馴染みの刑事からある品物の問い合わせが入る。聞けば、事件がらみのいわく品で……。
 百鬼夜行の気配ただよう町並に、人と物と人情が紡ぎだす、ちょっぴり不思議であったかいライトミステリ。

試し読みをする
【書誌情報】
京都骨董ふしぎ夜話
獅子ししゃも
  • 発売日 2015年12月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-865684-9
著者プロフィール

京都在住。京都市内で転居を繰り返している。ししゃもを愛するししゃも党。古物商手伝い十年目で初めて英国で落札を任され大はしゃぎの中、メディアワークス文庫デビュー。

獅子ししゃもの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ