第22回電撃小説大賞〈大賞〉
負ければ賠償金100億円――。一世一代の
大勝負に、大逆転は起こるのか!? 
トーキョー下町ゴールドクラッシュ!
著者/角埜杞真
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 賠償金100億円――。伝説の女トレーダー・橘立花は罠に嵌められた。身に覚えのない罪を着せられ、勤めていた証券会社からクビを宣告されたのだ。
 億単位の金を稼ぐ華々しい活躍から一転、無職となった立花は下町の商店街に偶然辿り着く。そこで出会ったのは、顔だけが取り柄のダメフリーターや、頑固な洋食店店主など、お金はなくても人情味溢れる江戸っ子たち。
 自らの解雇の裏にある巨大な陰謀に気づいた立花は、彼らの助けを得て、悪人どもを叩っ斬る!!!
どんな人生にも逆転はある。痛快すぎる下町金融ミステリ!

試し読みをする
【書誌情報】
トーキョー下町ゴールドクラッシュ!
角埜杞真
  • 発売日 2016年2月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-865761-7
著者プロフィール

第22回電撃小説大賞〈大賞〉を受賞し、デビュー。東京生まれ東京育ち、心の故郷は岐阜県関市。昔、深夜の新青梅街道で引ったくりにあい、パトカーに乗って連行されたのが唯一の自慢。

ページの先頭へ