やがて儚く消えるものだからこそ、甘く愛おしい。
誰もが共感できる、切ない感動ストーリー!
人生はアイスクリーム
著者/石黒敦久
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 妻と娘を喪ったことで、いつも自殺のことばかり考えている宗太。なにを食べても吐いてしまうため、コーヒーとポカリしか口にしない生活を送っていて、餓死まであとわずか……といったある日、アメリカに住んでいる姉と、その娘が突然、自宅を訪れる。
 彼女たちの心配をよそに、精神的に立ち直る気配をまったく見せない宗太だったが、無邪気にはしゃぐ五歳の姪ジルの驚くべき秘密を知ることで、生活が一変する――。

 人生は、やがて儚く消えてしまうもの。しかし、そこには、かけがえのない希望が満ちあふれている。

試し読みをする
【書誌情報】
人生はアイスクリーム
石黒敦久
  • 発売日 2016年1月23日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-865772-3
著者プロフィール

第21回電撃小説大賞への応募作を改稿した『人生はアイスクーム』でデビュー。

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ