古都の百人一首には、不思議な猫が懐くという。
いけずな京男と紐解く、心あたたまる和歌の物語。
下京区花屋梅小路上ル
京極荘と百匹のうた猫2
著者/由似 文
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ここは京都府京都市、下京区は花屋梅小路上ル。裏路地に佇む下宿「京極荘」にて、女子大生の穂香は京言葉を話すいけずな青年・昂季と一つ屋根の下で暮らしている。
 ある日、昂季が大事にしてきた不思議な古書『幻の歌仙絵』から京の街に逃げ出した百匹の猫。それは、百人一首の一句一句に歌人が込めた想いが具現化したものだった。

 そして迎えた大学の夏休み。昂季のいけずな指令を受け、京都の暑い夏を駆け巡る穂香。果たして今日は、どんな“うた猫”と出会えることやら――

試し読みをする
【書誌情報】
下京区花屋梅小路上ル
京極荘と百匹のうた猫2
由似 文
  • 発売日 2016年2月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-865817-1
著者プロフィール

広島県出身、関東在住。趣味は、温泉と銭湯巡り。最近洗濯機を買い換えたのですが、電撃を入れる度に「こんにちは」と言われるので、「こんにちは」って言い返してます。

由似 文の作品

  • 古都の和歌には、みやびな謎が宿るという。 いけずな京男と紐解く、ふしぎな百人一首物語。

同じジャンルの作品

  • 古都の和歌には、みやびな謎が宿るという。 いけずな京男と紐解く、ふしぎな百人一首物語。

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ