陰謀渦巻く攻防戦の中、若き幸村が駆け抜ける。
果たして北条家滅亡を目論んでいるのは──。
天正真田戦記
~名胡桃事変~
著者/出海まこと
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 越後・上杉家と関東・北条家を結ぶ重要拠点、上野沼田。この地にて若き真田幸村は十倍以上の数で攻める北条家に対し、知略と勇猛さをもって必死の攻防戦を繰り広げていた。それは後の北条征伐のきっかけとなる名胡桃事変の開幕でもあった──。
 小競り合いを繰り返す真田と北条にやがて豊臣秀吉から停戦勧告が下される。沼田を与えられた北条だが、名胡桃城だけは真田領として残された。最前線では過去から続く因縁が爆発し、ついに名胡桃侵攻が始まった。
 果たして北条家滅亡を目論んでいるのは誰なのか。そして若き幸村の想いとは──。

試し読みをする
【書誌情報】
天正真田戦記
~名胡桃事変~
出海まこと
  • 発売日 2016年3月25日
  • 定価 (本体690円+税)
  • ISBN 978-4-04-865915-4
著者プロフィール

小説家。代表作に、生き延びた永倉新八を主人公にした『鬼神新選』シリーズ(電撃文庫)、『邪神ハンター』『メガブレイド』(ともに青心社)などがある。

出海まことの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ