愛も、憎しみも、生も、死も、
その未来を奪えない。
ノーブルチルドレンの追想
著者/綾崎 隼
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

『夏茜』
 保健部と演劇部の合同合宿が行われた翡翠島、そこで四人が遭遇したのは<三重の密室事件>で……。
『琴弾麗羅の揺籃』
 頓挫した復讐に人生の意味を奪われた麗羅は、虚しい日々の果てに一筋の光を見出すが……。
『桜塚歩夢の罪科』
 贖罪の人生を選び取った歩夢の旅路は国境を越え、孤独の果てに小さな花を咲かせて……。
 旧家の怨念に翻弄され続けた高貴な子どもたちは今、時を越え、勇敢な大人になる。
 現代のロミオとジュリエット、珠玉の短編集。

試し読みをする
【書誌情報】
ノーブルチルドレンの追想
綾崎 隼
  • 発売日 2013年10月25日
  • 定価 (本体550円+税)
  • ISBN 978-4-04-866076-1
著者プロフィール

1981年生まれ。新潟市出身、在住。『蒼空時雨』で第16回電撃小説大賞<選考委員奨励賞>受賞。初単行本『命の後で咲いた花』発売中。

綾崎 隼の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ