怒って喧嘩して泣いて別れて……
そして家族になる。
たいやき
著者/朽葉屋周太郎
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 堅く真面目なサラリーマンの長兄、いいかげんで放浪癖がある大学生の次兄、そして登校拒否中で家に引きこもって漫画家をめざす妹――。
 母が入院し、父が旅に出たために、小さな家に三人だけで暮らすことになった彼ら。
 心を開けるほど親密ではなく、かといって無視できるほど疎遠でもない。ひとつ屋根の下に住んでいながら、微妙な距離感でつながっている三人兄妹の平穏な日常が少しずつ崩れていく様子を、コミカルかつ繊細に綴っていく。

 家族って、イライラするほど厄介だけど、だからこそ、愛おしいのかもしれない。

試し読みをする
【書誌情報】
たいやき
朽葉屋周太郎
  • 発売日 2013年10月25日
  • 定価 (本体550円+税)
  • ISBN 978-4-04-866118-8
著者プロフィール

1988年、千葉県生まれ。『おちゃらけ王』で第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉を受賞し、デビュー。他の著作に『絶望センチメンタル』『奇祭狂想曲』等がある。

朽葉屋周太郎の作品

  • シャトルを追って翔べ! どこまでも高く!! アツくなれる、爽快なスポーツ青春小説!

  • コートを疾り、宙を跳ぶ! バドミントンに青春を賭けた高校生たちの物語!!

  • 愛すべき奇人変人たちの愉快痛快な青春グラフィティ!

  • 可愛げのない小学生と、破天荒な女子高生。 おかしな二人の、予測のつかない小旅行

  • 第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞作 馬鹿馬鹿しく生きる者たちの奇妙奇天烈で痛快な青春グラフィティ!

ページの先頭へ