第20回電撃小説大賞<大賞>受賞作品
人口3%が殺し屋の街・博多で、
生き残るのは誰だ──!?
博多豚骨ラーメンズ
著者/木崎ちあき
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

「あなたには、どうしても殺したい人がいます。どうやって殺しますか?」
 福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。
 福岡市長のお抱え殺し屋、崖っぷちの新人社員、博多を愛する私立探偵、天才ハッカーの情報屋、美しすぎる復讐屋、闇組織に囚われた殺し屋。そんなアクの強い彼らが巻き込まれ、縺れ合い紡がれていく市長選。その背後に潜む政治的な対立と黒い陰謀が蠢く事件の真相とは──。
 そして悪行が過ぎた時、『殺し屋殺し』は現れる──。

試し読みをする
【書誌情報】
博多豚骨ラーメンズ
木崎ちあき
  • 発売日 2014年2月25日
  • 定価 (本体550円+税)
  • ISBN 978-4-04-866316-8
著者プロフィール

第20回電撃小説大賞<大賞>を受賞。福岡県福岡市生まれ、在住。好きな食べ物は明太子と豚骨ラーメン。趣味は、プロ野球観戦と、海外ドラマ鑑賞。

木崎ちあきの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ