本好きに悪いやつはいないなんて嘘だ。
ここには、本好きの悪いやつしかいない。
犯罪者書館アレクサンドリア
~殺人鬼はパピルスの森にいる~
著者/八重野統摩
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 父親が多額の借金を残して死んだ。神田六彦はその肩代わりとして殺されかけるが、突如として現れた夏目と名乗る女によって、彼女の経営する店で働くことを条件に命を救われる。
 しかし、そうして足を踏み入れたアレクサンドリアは、殺し屋を始めとする非社会的な人間だけが利用する言わば犯罪者書館。常識も法律も通用しないその店では、シャーロック・ホームズを名乗る殺人鬼によって次々と常連達が消され始めていた。
 本好きの悪い奴しかいない。そんな店で神田が出会うのは、名探偵を愛する犯罪者達による、愛好と倒錯の物語。

試し読みをする
【書誌情報】
犯罪者書館アレクサンドリア
~殺人鬼はパピルスの森にいる~
八重野統摩
  • 発売日 2014年4月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-866560-5
著者プロフィール

北海道札幌市出身。立命館大学経営学部卒。書店員をしながら執筆活動を続けている。他の著作に『還りの会で言ってやる』『プリズム少女』(メディアワークス文庫)がある。

八重野統摩の作品

ページの先頭へ