嘘から始まったニセモノ兄妹がおくる
ほんのり奇妙でどこかおかしい謎解き物語。
嘘つきは探偵の始まり
~おかしな兄妹と奇妙な事件~
著者/石崎とも
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 名探偵・神條拓真宅に忍び込んだ泥棒青年。彼が出会ったのは、棚を物色している見知らぬ一人の泥棒少女だった。
「私はあなたの妹ですよ。お兄さん。可愛い妹の顔を忘れてしまったのですか?」「実の妹の顔を忘れるなんて兄失格だな」――お互い「誰だ?」と探り合いながらも初対面でこんな嘘をつき合う二人が、なぜかコンビの探偵として奇妙な事件を解くことに……!?
「嘘は嫌いだ」というこの泥棒青年・神條久人も、先客の泥棒少女・柳野花も、一人では解けない心の嘘を抱えて生きている。そんな歪んだ二人がこの家で出会ったことには、何か理由があるようで……!?

試し読みをする
【書誌情報】
嘘つきは探偵の始まり
~おかしな兄妹と奇妙な事件~
石崎とも
  • 発売日 2014年4月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-866561-2
著者プロフィール

東京の外れに生息している新人作家。物語であれば、小説でもドラマでも映画でもアニメでもゲームでも百合でもBLでも、何でもござれの雑食系。 

石崎ともの作品

  • 風鈴の音色が奏でるのは、家族の愛と絆―― お客様が知らない大切な想いをお届けします

ページの先頭へ