心に傷を負った美しき女刑事、音無レイカ。
犯罪を憎む彼女には、驚くべき能力が――。
レイカ
警視庁刑事部捜査零課
著者/樹のえる
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 警視庁刑事部に配属となった若き刑事、大和。彼が足を踏み入れたのは刑事部捜査零課。そこは、組織から弾かれたアウトローの刑事ばかりが集められた部署。
 デスクのそばに置いた盆栽に語りかける昼行灯の羽佐間警部、ソファでくつろぎながらスマホゲームに熱中する春日警部補、ほとんど刑事部屋に戻ってこない陣内巡査部長。個性的な刑事たちの中でも、音無レイカは、驚くべき才能をもつ女性刑事だった――。
 心に深い傷を負った美しき女刑事レイカと、正義感あふれる大和刑事。陰惨で哀しい殺人事件に遭遇する彼らが、凶悪な犯人を追いつめていく。

試し読みをする
【書誌情報】
レイカ
警視庁刑事部捜査零課
樹のえる
  • 発売日 2014年4月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-866563-6
著者プロフィール

12月24日生まれの山羊座のO型。2012年に『パントロジスト<上><下>』でデビュー。将来の夢は、一人前の作家になること。

樹のえるの作品

ページの先頭へ