「B’s-LOG COMIC」にてコミカライズ決定!
妖怪博士絶対城が、華麗に活躍!
絶対城先輩の妖怪学講座 四
著者/峰守ひろかず
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

『大日本護法息滅会』。東勢大学で最近問題となっている新興宗教団体である。織口准教授によると教祖は理工学部のOBとのこと。大学側からの相談に傍観を決め込む絶対城だったが、教祖が『憑きもの使い』との情報に、早速教団へ妖怪調査に向かう。しかし、いつも絶対城に協力してくれる杵松が別行動を取ると言い出し何やら様子がおかしい。仕方なく礼音と二人で教団本部に到着すると、そこで待ち受けていたのは、長身痩躯の青年教祖、罵王院光陰。対峙した絶対城は教義の矛盾を突き、見事教団の正体を暴いたかに見えたが、その瞬間、礼音の身体に異変が起こり……。

試し読みをする
【書誌情報】
絶対城先輩の妖怪学講座 四
峰守ひろかず
  • 発売日 2014年6月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-866620-6
著者プロフィール

滋賀県在住。2008年の『ほうかご百物語』(電撃文庫)でデビュー。洋酒と麦茶と白米が好き。先日、専業作家になりました。改めまして今後ともよろしくお願いします。

峰守ひろかずの作品

ページの先頭へ