人生の最期をどう迎えるか。
死は多くの人を狂わせていく。
わたしを追いかけて
著者/高村 透
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 尊厳死。
 それは、自らの意思によって延命措置を受けずに、人間としての尊厳を保ちながら最期を迎えること。
 実際に現代日本でも法制化の動きがあるが、孕む問題の大きさゆえに、法案の是非をめぐり、さまざまな議論が戦わされている。
 そんな「尊厳死」を題材にした本作では、近しい者の死に直面する人々――OL、少年、医師、カウンセラーたち――の思い悩みながら生きる姿が、ときに切なく、ときに凄惨に描かれていく。

【書誌情報】
わたしを追いかけて
高村 透
  • 発売日 2014年5月24日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-866621-3
著者プロフィール

1983年4月18日、兵庫県神戸市生まれ。メディアワークス文庫では他に『バンク! コンプライアンス部内部犯罪調査室』などがある。

高村 透の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ