華麗なる執事とお嬢様の恋の狂想曲、ついに完結!
鴨川貴族邸宅の茶飯事4
初恋の君へ告ぐ、変わらない二人の想い
著者/範乃秋晴
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 宝石箱の奥にそっとしまいこまれたような美しい想い。衣麻お嬢様のかの少年への思い出は、その心を永遠に縛り付けるものでした。
 そして今、信じられぬことが起こります。突如現れた思い出の君、その再会にお嬢様の心は乱れます。待ちに待った運命の相手なのに、と。なぜなら、その傍らには、あの手の焼ける見習い執事がいるからです。
 運命を信じるのか、今ある現実に一歩を踏み出すのか。どうやら、執事とお嬢様の恋の狂想曲にも終止符が打たれる時がきたようです。  その決着やいかに?

試し読みをする
【書誌情報】
鴨川貴族邸宅の茶飯事4
初恋の君へ告ぐ、変わらない二人の想い
範乃秋晴
  • 発売日 2014年6月25日
  • 定価 (本体670円+税)
  • ISBN 978-4-04-866692-3
著者プロフィール

福井県出身。第16回電撃小説大賞で見い出され、メディアワークス文庫にてデビュー。アイデアに富む、奇想天外なストーリーには定評あり。

範乃秋晴の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ