夏休みは、烏の羽音とともに始まった――。
少女が経験する、ひと夏の出会いの物語。
かなえの八幡さま
著者/瀬田ユキノ
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 父親の再婚話が原因で家を飛び出した少女・百合は道すがら、亡き母から貰って身につけていたお守りを壊してしまった。その途端、彼女は謎の「怪異」的現象に襲われ始める。そんな彼女を救ったのは黒い羽織を着た『烏』のような姿の青年・弥次郎。彼は百合に近づく怪異を不思議な筆で祓った。
「行くあてがないなら、ここに居ればいい」
 弥次郎の居候先で、百合の叔父が神主を務める神社・清澄八幡に転がり込んだ彼女は、巫女として神社周辺に暮らす人々の事情に関わっていく。百合のいつもと少し違う夏休みが始まる……。

試し読みをする
【書誌情報】
かなえの八幡さま
瀬田ユキノ
  • 発売日 2014年7月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-866812-5
著者プロフィール

首都圏在住。氏神さまは八幡さま。趣味は骨董集め。最近神社の骨董市で見つけた掘り出し物は、羽裏がお相撲柄の黒羽織。いつか辰巳芸者みたいに粋に着こなすのが夢。

瀬田ユキノの作品

  • 日本史上屈指の大英雄――真田幸村。 少女は時を超え、彼と確かな絆を結ぶ。

ページの先頭へ