食欲の秋――。おいしい料理が、
空っぽの心を満たしてくれる。
三ツ星商事グルメ課のうまい話
著者/百波秋丸
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ある総合商社のお荷物部署、グループリソースメンテナンス課。毎夜、経費で飲み食いをくり返すというウワサから、人は彼らを「グルメ課」と揶揄するのだった。
 しかしその実態は、悩める社員を言葉巧みに食事に招き、個性的なメニューでおもてなし。おいしい料理で心を癒やしながら、仕事に閃きを提供するという特殊な課だった!
 いつもにぎやかなグルメ課メンバーが丁寧な仕事でトラブルを【料理】する、新感覚グルメ小説に続編登場。
 鯛茶漬け、水牛モッツァレラのラザニア、肉寿司……etc。実在の飲食店と本物の料理が、秋の夜長をやさしく彩る。

試し読みをする
【書誌情報】
三ツ星商事グルメ課のうまい話
百波秋丸
  • 発売日 2014年9月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-866943-6
著者プロフィール

神奈川県出身。2012年デビュー。本シリーズの取材で美味しい店舗を沢山めぐり体重が増えたが、執筆にあたって悪戦苦闘したため元通りになったという便利な体を持つ。

百波秋丸の作品

ページの先頭へ