夜蝶は羽ばたき続ける。
羽ばたき疲れて死ぬまで――
夜蝶の檻
著者/瀬那和章
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 激動の時代が過ぎ、文明開化の音がそこかしこから聞こえても、未だ江戸時代は続いていた。
 妖魔と戦うため幕府が組織した退魔衆の女剣士・桔梗。百人を斬ることで願いを叶える妖刀を手に旅を続ける侍・殿江静馬。幕府への復讐を誓う軍服の鬼。愛するものを奪われた神凪の巫女。
 交錯する生き様が浮世の闇を走馬灯のように照らし出す。明治維新が起きなかった仮想の日本を舞台にした、新時代浪漫エンターテイメント小説、ここに開幕!

試し読みをする
【書誌情報】
夜蝶の檻
瀬那和章
  • 発売日 2014年9月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-866946-7
著者プロフィール

第14回電撃小説大賞<銀賞>を受賞し、『under 異界ノルタルジア』(電撃文庫)でデビュー。著書に『好きと嫌いのあいだにシャンプーを置く』(メディアワークス文庫)他。

瀬那和章の作品

ページの先頭へ