ご縁を結ぶうさぎと青年の心温まる物語、
ライバル(?)も登場の第2巻です。
なにかのご縁2
ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う
著者/野崎まど
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 春が訪れて、縁結びに大忙しのゆかりくんとうさぎさん。何度かストーカーに間違えられつつも、順調に人と人との縁を繋いでいきます。しかし、そんな彼らの前に、碧い目をした留学生の少年・ローランと、もふもふの茶色いうさぎ・ユリシーズが現れました。フランスからはるばるやってきたその一人と一匹は、縁結びの修行のため、ゆかりくん&うさぎさんコンビと『縁結び勝負』をしたいというのです。貴族出身で始終偉そうな彼らにげんなりしながら、ゆかりくんとうさぎさんは新たな『ご縁』の騒動に巻き込まれていき……。人と人との心をつなぐ物語、待望の第2弾。

試し読みをする
【書誌情報】
なにかのご縁2
ゆかりくん、碧い瞳と縁を追う
野崎まど
  • 発売日 2014年9月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-866996-2
著者プロフィール

東京都墨田区生まれ。2009年、第16回電撃小説大賞にて〈メディアワークス文庫賞〉を受賞、同年受賞作『[映]アムリタ』でデビュー。また雑誌「電撃文庫MAGAZINE」にて短編小説企画『野崎まど劇場』を連載中。

野崎まどの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ