これは『閃かない』ぼくと、『白桃姫』トウキの探偵物語だ。
探偵・花咲太郎は閃かない
著者/入間人間
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ぼくの名前は花咲太郎。探偵だ。浮気調査依頼が大事件となる素晴らしい探偵事務所に務め、日々迷子犬を探す仕事に明け暮れている。
 ……にもかかわらず、皆さんはぼくの職業が公になるやいなや、期待に目を輝かせて見つめてくる。刹那の閃きで事態を看破する名推理をして、最良の結末を提供してくれるのだろうと。
 残念ながらぼくは犬猫専門で、そしてロリコンだ。最愛の美少女・トウキが隣で睨んできてゾクゾクした。悪寒はそれだけじゃない。眼前には、真っ赤に乾いた死体まである。 ……ぼくに過度な期待は謹んで欲しいんだけどな。これは、『閃かない探偵』ことぼくと、『白桃姫』ことトウキの探偵物語だ。

試し読みをする
【書誌情報】
探偵・花咲太郎は閃かない
入間人間
  • 発売日 2009年12月16日
  • 定価 (本体530円+税)
  • ISBN 978-4-04-868222-0
著者プロフィール

1986年生まれ。第13回電撃小説大賞に投稿した作品が最終選考では物議を醸した結果、惜しくも受賞を逃す。その後電撃文庫にてデビュー、シニカルな青春群像を描く作家として名を馳せる。

入間人間の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ