これは、まるで雨宿りでもするかのように、誰もが居場所を見つけるための物語。
蒼空時雨
著者/綾崎 隼
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 ある夜、舞原零央はアパートの前で倒れていた女、譲原紗矢を助ける。どこにも帰る場所がないと語る彼女は居候を始め、次第に猜疑心に満ちた零央の心を解いていった。
 やがて零央が紗矢に惹かれ始めた頃、彼女は黙していた秘密を語り始める。その内容に驚く零央だったが、しかし、彼にも重大な秘密があった。 二人は自分の居場所を見つけるため、互いに秘密を打ち明け始める。まるで、雨宿りでもするかのように。
 巧妙に張り巡らされた伏線が、いくつも折り重なったエピソードで紐解かれる、新感覚の青春群像ストーリー。

試し読みをする
【書誌情報】
蒼空時雨
綾崎 隼
  • 発売日 2010年1月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-868290-9
著者プロフィール

1981年生まれ。第16回電撃小説大賞『選考委員奨励賞』を受賞。念願叶いスタートラインに立つチャンスを頂くが、喜びよりも不安で胸がいっぱい。石橋を人に渡らせてから渡る慎重派。

綾崎 隼の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ