孤独な王様だった少年。野球を捨てた彼のもとにやって来たお姫様はかつての情熱を取り戻す魔法使いで--。
ひとりぼっちの王様と サイドスローのお姫様
著者/柏葉空十郎
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 三年ぶりに帰国し、日本の高校に入学した綾音。彼女には幼馴染みの巧也と野球をするという目的があった。そう、甲子園を目指すのだ! 中学時代、巧也はシニアの世界で活躍し、全国区の知名度を誇る一流選手に成長していた。だが、再会に胸躍らせる綾音の目の前にいたのは、想像していたのとは全く違う巧也だった。冷淡に「野球はやめた」と言い捨てる巧也に戸惑いを隠せない綾音。彼女は一緒に甲子園を目指させるべく猛アタックを始めるのだが──。
 孤独な王様と不器用なお姫様が織りなす、ちょっと変わった野球小説の登場。

試し読みをする
【書誌情報】
ひとりぼっちの王様と サイドスローのお姫様
柏葉空十郎
  • 発売日 2010年2月25日
  • 定価 (本体670円+税)
  • ISBN 978-4-04-868381-4
著者プロフィール

柏葉空十郎の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ