この本を読むと、恋をするのが怖くなる――
だけど、恋をしたくなった
ハイドラの告白
著者/柴村 仁
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 絶望的な恋をしているのかもしれない。そのことにとっくに気づいてたけど、気づかないふりをしていたのかもしれない。 私がやってること、全部、無駄な足掻きなのかもしれない――それでも私は、あなたが欲しい。

 美大生の春川は、気鋭のアーティスト・布施正道を追って、寂れた海辺の町を訪れた。 しかし、そこにいたのは同じ美大に通う“噂の”由良だった。彼もまた布施正道に会いに来たというが……。
『プシュケの涙』に続く、不器用な人たちの不恰好な恋の物語。

試し読みをする
【書誌情報】
ハイドラの告白
柴村 仁
  • 発売日 2010年3月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-868465-1
著者プロフィール

第10回電撃小説大賞<金賞>を受賞。2004年作家デビュー。 『プシュケの涙』で新境地を切り開き、既存のカテゴリーにとらわれないその作風が高い評価を受ける。今後の活躍が期待される注目の作家。

柴村 仁の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ