いとしい季節がまた巡る。
“変人”由良の物語、心が軋む最終章。
セイジャの式日
著者/柴村 仁
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 しんどいですよ、絵を描くのは。
 絵を一枚仕上げるたびに、絵にサインを入れるたびに、もうやめよう、これで最後にしようって、考える――
 それでも私は、あなたのために絵を描こう。

 かつて彼女と過ごした美術室に、彼は一人で戻ってきた。
 そこでは、長い髪の女生徒の幽霊が出るという噂が語られていた。
 『プシュケの涙』『ハイドラの告白』に続く、不器用な人たちの、不格好な恋と旅立ちの物語。

試し読みをする
【書誌情報】
セイジャの式日
柴村 仁
  • 発売日 2010年4月26日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-868532-0
著者プロフィール

第10回電撃小説大賞<金賞>を受賞。2004年作家デビュー。『プシュケの涙』で新境地を切り開き、既存のカテゴリーにとらわれないその作風が高い評価を受ける。今後の活躍が期待される注目の作家。

柴村 仁の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ