死者から奪った美しい紅の衣を纏い、
少年・犬弥はその未来を拓く――。
舞王 -MAIOH-
著者/永田ガラ
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 室町初期。将軍臨席のもと、大観衆を集めて行われた華やかな田楽興行で、見物の桟敷が崩れ落ち、数百人が死傷する惨事が起きる。
 戦災孤児の少年・犬弥はどさくさにまぎれ、死んだ舞い手・花夜叉の遺骸から美しい紅の衣を奪い取るが、そこから思いもかけなかった運命が開けてゆく。
 後世、天女舞の名手として世阿弥や足利義満に絶賛され、観阿弥とともに初期能楽に一時代を築いた犬王太夫。彼が傷つき悩みながらも、懸命に自らの生きる道を見いだそうとする波乱の少年時代を描く。

【書誌情報】
舞王 -MAIOH-
永田ガラ
  • 発売日 2010年5月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-868582-5
著者プロフィール

1970年、京都府生まれ。京都府立大学、京都大学大学院で中世~近世日本史を学ぶ。新聞社勤務の傍ら小説を書く。筆名は怪獣「ガラモン」にたたずまいが似ていることに由来。

永田ガラの作品

同じジャンルの作品

  • 平安京で三十六歌仙と恋をする!? 平安タイムスリップ・ロマンス・ストーリー!

  • 迸る熱い夢を胸に猿楽師は疾走する――。 後の観阿弥の若き日を鮮烈に描く!

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ