狂気のクレーマーに対処するプロフェッショナル。
彼の武器は──言葉のみ。
マリシャスクレーム -MALICIOUS CLAIM-
著者/範乃秋晴
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 消費者意識が高まる中、それに付け込んだ非人間的かつ悪質なクレーマー──IPBCの存在が企業の倒産リスクを高めるまで問題化していた。これに対抗すべく起ち上げられたのがエマージェンシーカスタマーセンターである。
 センターには常人には耐えられぬ、鼓膜を突き抜ける怨嗟の声が渦巻く。それに微動だにしない青年がいる。榊原常光、唯一の対IPBCのプロフェッショナル。狡猾かつ理不尽な相手に、それ以上に狡猾にそして冷酷に追い詰めていく常光。だが、今までにない異常な相手が現れ──。

試し読みをする
【書誌情報】
マリシャスクレーム -MALICIOUS CLAIM-
範乃秋晴
  • 発売日 2010年6月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-868661-7
著者プロフィール

福井県出身。第16回電撃小説大賞で見い出され、メディアワークス文庫にてデビュー。座右の銘は自由奔放、因果応報、前言撤回。物欲に乏しく、幸せなら他に何もいらない。

範乃秋晴の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ