この作品はフィクションであり、
実在する作家・小説賞・団体とは一切関係ありません。
バカが全裸でやってくる
著者/入間人間
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 バカが全裸でやってくる。僕の夢は小説家だ。そのための努力もしてるし、誰よりもその思いは強い。しかし努力と環境では、才能は覆せない日々が続いていた。お話をつくることを覚えた子供の頃のあの日から、僕には小説しかなかった。けれど僕は天才じゃなかった。小説家になりたくて、でも夢が迷子になりそうで。苦悩する僕のもとにやってきたのは、全裸のバカだった――。
 大学の新歓コンパ。そこにバカが全裸でやってきた。そして、これが僕の夢を叶えるきっかけになった。こんなこと、誰が想像できた? 現実は、僕の夢である『小説家』が描く物語よりも、奇妙だった。

【書誌情報】
バカが全裸でやってくる
入間人間
  • 発売日 2010年8月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-868819-2
著者プロフィール

1986年生まれ。第13回電撃小説大賞で最終選考に残るも、惜しくも受賞を逃す。その後、電撃文庫にてデビュー、シニカルな青春群像を独特の作風で描く作家として名を馳せる。

入間人間の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ