『殺戮ゲームの館』の著者・土橋真二郎が、
ジレンマの本質を世に問う問題作!
生贄のジレンマ〈上〉
著者/土橋真二郎
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

「今から3時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法もあります、それは生贄を捧げることです――」
 卒業を間近に控えた高校生の篠原純一が数週間ぶりに登校してみると、何故か校庭には底の見えない巨大な“穴”が設置され、教室には登校拒否だった生徒を含むクラスメイト全員が揃っていた。
 やがて正午と共に何者かから不可解なメッセージが告げられる。最初はタチの悪いイタズラだと思っていた篠原たちだが、最初の“犠牲者”が出たことにより、それは紛れもない事実であることを知り……。『殺戮ゲーム』の著者・土橋真二郎、待望の最新作!!

試し読みをする
【書誌情報】
生贄のジレンマ〈上〉
土橋真二郎
  • 発売日 2010年9月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-868932-8
著者プロフィール

『扉の外』で第13回電撃小説大賞〈金賞〉を受賞し作家デビュー。極限状態に置かれた登場人物たちのリアルな心理描写に定評がある。

土橋真二郎の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ