第20回電撃小説大賞<大賞>受賞作!
“殺し屋殺し”を巡り、博多に再び嵐が吹き荒れる!!
博多豚骨ラーメンズ2
著者/木崎ちあき
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 人口の3%が殺し屋の街・博多。街が山笠で盛りあがる中、市長選で華麗なる暗躍を見せた“殺し屋殺し”の噂を聞きつけ、新たな刺客が参入する。
 自分より強い相手を求めてやってきた北九州の危険な男・猿渡、殺し屋コンサルタント・新田、生きる伝説G・G。ヤバい奴らの思惑が蠢く一方、斉藤は命を狙われ、林は調査対象を殺され、彼らを助けるため馬場も事件に巻き込まれていく。そして、首を討つために華九会が多額の懸賞金を懸けたにわか侍の行方は――。
 殺意が張り巡らされる博多で、男たちの命がけの攻防が繰り広げられる。

試し読みをする
【書誌情報】
博多豚骨ラーメンズ2
木崎ちあき
  • 発売日 2014年9月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-869009-6
著者プロフィール

8月27日生まれ。福岡県出身。右投右打。第20回電撃小説大賞<大賞>を受賞し、2月にデビューしたばかりのルーキー。趣味はプロ野球観戦と海外ドラマ鑑賞。明太子と猫と中南米の選手が大好き。今季は多くの課題を克服し、さらなる飛躍の年にしたい(選手名鑑風に)。

木崎ちあきの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ