描いた絵を具現化したり、絵に魂を封じ込めたり――
「絵魂術」で事件を華麗に解決!
華麗なる絵魂術師の面倒事 その二
著者/尾嵜橘音
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

画学生の舟木和豊は「絵魂術」という怪しの術を使って、様々な事件を解決してきた。だが、その最中に新聞記者の秋間という超クセの強い男に“喋る”学生帽の存在を知られ――また面倒なことが増えてしまった!
 スクープに命を懸ける男・秋間は、どこに行っても現れ、私生活まで付けまわしてくる。うんざりした和豊は、訪れていた村で噂されている「天女伝説」の話題で秋間の気を逸らそうとするものの……天女に会いたいと、秋間と出かけたはずのサナが忽然と消えてしまって――!? 天女伝説の謎とサナ救出のために、和豊が立ち上がった!

試し読みをする
【書誌情報】
華麗なる絵魂術師の面倒事 その二
尾嵜橘音
  • 発売日 2014年11月22日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-869117-8
著者プロフィール

東京生まれ、千葉県在住。射手座、A型。趣味は読書と映画鑑賞。ロックを聴きながら小説を書いています。

尾嵜橘音の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ