わたしは吠えた。
泣きたかったんだと思う。
愛して愛して愛してよ
著者/高村 透
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 地方のなんでもない町に生まれた少女、尾崎愛。
 人見知りで口下手なため、不遇な学生生活を送りながらも、作家になることを夢見て東京で暮らし始める彼女は、愛を求めて、波瀾万丈の人生を経験することになる。



愛って、どこにあるんだろう?



愛って、なんだろう?

試し読みをする
【書誌情報】
愛して愛して愛してよ
高村 透
  • 発売日 2014年11月22日
  • 定価 (本体550円+税)
  • ISBN 978-4-04-869121-5
著者プロフィール

兵庫県神戸市出身。ジャンルを問わず、様々な手法を駆使することでも知られている。メディアワークス文庫では他に『バンク! コンプライアンス部内部犯罪調査室』などがある。

高村 透の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ