終われぬ恋をすくう探偵と、恋をなくした
見習い助手の織り成す、青春“失恋”物語。
失恋探偵の調査ノート
~放課後の探偵と迷える見習い助手~
著者/岬 鷺宮
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

この道立宇田路中央高校にまことしやかに伝えられる、「不思議な噂」がある。
 失恋探偵。それは、正しく終われなかった恋を終わらせてくれる探偵なのだという。
 幼馴染への失恋をきっかけに「恋する気持ち」をなくしてしまった少女・零は、失恋探偵を名乗る優しい少年と出会う。彼の見習い助手となった零は、いくつかの恋の終わりに立ち会い、そして……。
「……どんな気持ちも、いつかは消えてしまうの?」
「恋は、終わり際が肝心なんですよ」
 青春のいたみを優しく、しかしあざやかに描き出す、青春“失恋”物語。

試し読みをする
【書誌情報】
失恋探偵の調査ノート
~放課後の探偵と迷える見習い助手~
岬 鷺宮
  • 発売日 2014年12月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-869182-6
著者プロフィール

『失恋探偵ももせ』で、第19回電撃小説大賞〈電撃文庫MAGAZINE賞〉を受賞し、同作にてデビュー。他の著作に『墜落乙女ジヱノサヰド』(電撃文庫)がある。失恋の美しさを愛する。

岬 鷺宮の作品

ページの先頭へ