凶悪なクレーマーVSクレーム処理の天才、
息苦しいほどの対決が再び!!
マリシャスクレーム2 -MALICIOUS CLAIM-
著者/範乃秋晴
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 エマージェンシーカスタマーセンターを攻撃目標とする謎の集団。電話回線はパンク状態となるが、その裏にはセンターに精通している裏切り者がいると常光は睨む。
 さらに、その集団の中には凶悪なIPBCが紛れていた。出雲源一郎と名乗る男の声、話す内容は常人には耐えがたい生理的嫌悪をまき散らす。唯一、対等に戦えるはずの常光だったが、出雲にはなぜかいつものクレーム予測が通じない。
 出雲たちの執拗な攻撃、裏切り者の存在、その裏に隠された意外な真実が明らかになったとき!?

試し読みをする
【書誌情報】
マリシャスクレーム2 -MALICIOUS CLAIM-
範乃秋晴
  • 発売日 2010年10月25日
  • 定価 (本体670円+税)
  • ISBN 978-4-04-870055-9
著者プロフィール

福井県出身。第16回電撃小説大賞で見い出され、メディアワークス文庫にてデビュー。座右の銘は自由奔放、因果応報、前言撤回。物欲に乏しく、幸せなら他に何もいらない。

範乃秋晴の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ