死なないはずの、女が死んだ――。
女子校を舞台に描かれる怪異ミステリ。
死なない生徒殺人事件
~識別組子とさまよえる不死~
著者/野崎まど
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

「この学校に、永遠の命を持った生徒がいるらしいんですよ」
 生物教師・伊藤が着任した女子校「私立藤凰学院」にはそんな噂があった。話半分に聞いていた伊藤だったが、後日学校にて、不意にある生徒から声をかけられる。自分がその「死なない生徒」だと言ってはばからない彼女は、どこか老練な言葉遣いと、学生ではありえない知識をもって伊藤を翻弄するが……二日後、彼女は何者かの手によって殺害されてしまう――。果たして「不死」の意味とは? そして犯人の目的は!? 第16回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞者・野崎まどが放つ、独創的ミステリ!

試し読みをする
【書誌情報】
死なない生徒殺人事件
~識別組子とさまよえる不死~
野崎まど
  • 発売日 2010年10月25日
  • 定価 (本体530円+税)
  • ISBN 978-4-04-870056-6
著者プロフィール

著者は耳から耳まで届くくらい大きな口でニヤニヤと笑っています。アリスは聞きました。「どうしてその著者はニヤニヤ笑っているのですか?」「これは著者ねこ」

野崎まどの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ