初めてのギャルゲーはリアルライフではじまった……!?
僕と彼女とギャルゲーな戦い
著者/西村 悠
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 小説家を目指すも夢破れ、就活では60社を受け連敗中。そんな失意の底に沈む嶋谷一(通称イチ)の前に現れたのは、高校時代に憧れていた美しき先輩。彼女は昔と変わらぬ笑みを浮かべ、戸惑うイチにこう告げるのであった。「私に、付き合ってほしいの」。
 ギャルゲーのような展開で騒がしくなったイチの夏休み。しかしイチが引きずり込まれたのは、まさにギャルゲー作りの現場(カオス)そのものだった!?
 ひと癖もふた癖もある人々が織りなすモノ作りにかける戦い。その先にイチが見るものは!? ちょっとショッパイ青春グラフティ。

試し読みをする
【書誌情報】
僕と彼女とギャルゲーな戦い
西村 悠
  • 発売日 2010年11月25日
  • 定価 (本体570円+税)
  • ISBN 978-4-04-870154-9
著者プロフィール

電撃hp短編小説賞<銀賞>受賞作『二四〇九階の彼女』で作家デビュー。アドベンチャーゲームのシナリオライターとしても活動。代表作に『夏空のモノローグ』などがある。

西村 悠の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ