哀しいけれどあったかい、女子高生のガールズ・ストーリー。
4 Girls
著者/柴村 仁
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 あこがれの同級生に告白する間もなくふられた僕。そして僕をふった張本人の彼女は、僕を無理やり連れて学校をさぼると言い出して――「scratches」。偏屈そうなおじいさんが一人で暮らしているはずの隣の部屋のベランダで、タバコをふかす変なおじさん。おじいさんの親戚だという彼と、ベランダでぼんやりすることが多い私は、次第に話をするようになり――「サブレ」。そのほか、「Run! Girl, Run!」「タカチアカネの巧みなる小細工」の計4作品を収録。
 4人の少女たちの、トホホでワハハな日々を描く、哀しいけれどあったかい、珠玉の青春ストーリー。

試し読みをする
【書誌情報】
4 Girls
柴村 仁
  • 発売日 2011年1月25日
  • 定価 (本体530円+税)
  • ISBN 978-4-04-870278-2
著者プロフィール

2004年作家デビュー。『プシュケの涙』で新境地を切り開き、既存のカテゴリーにとらわれないその作風が高い評価を受ける。今後の活躍が期待される注目の作家。

柴村 仁の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ