第17回電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞作
馬鹿馬鹿しく生きる者たちの奇妙奇天烈で痛快な青春グラフィティ!
おちゃらけ王
著者/朽葉屋周太郎
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 かつては無類の馬鹿者だったが、いまは怠惰な大学生に成り果てていた名雪小次郎。そんな彼の前に、幼少からの腐れ縁「魔王」が現れ、言い放つ。「君に用心棒を頼みたいのだ」。
 多くの人間に金を借りている魔王は、借金を取り立てる債鬼から逃げつづけなければならないのだという。
 やっかいな頼みを断る小次郎だったが、魔王の策略にはめられ、恐ろしい追っ手たちから無我夢中で逃げ回ることになる。その逃亡劇の果てに二人を待っていたものは――?
 馬鹿で奇妙奇天烈で爽快なネオ青春グラフィティ! 電撃小説大賞〈メディアワークス文庫賞〉受賞作。

試し読みをする
【書誌情報】
おちゃらけ王
朽葉屋周太郎
  • 発売日 2011年2月25日
  • 定価 (本体590円+税)
  • ISBN 978-4-04-870282-9
著者プロフィール

1988年5月14日生まれ。大学三年生時に、唐突に思い立って小説を書き始める。その処女作が、第17回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞し、作家デビュー。

朽葉屋周太郎の作品

同じジャンルの作品

  • 愛すべき奇人変人たちの愉快痛快な青春グラフィティ!

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ