不穏な時代に生きる女学生たちの
短くも美しい一瞬を描く青春時代小説
大正二十九年の乙女たち
著者/牧野 修
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 日本が世界の戦乱に巻き込まれつつある、大正二十九年。芸術志向の女性たちが集い、活況を見せる逢坂女子美術専門学校に、四人のひときわ個性的な女学生がいた。
 画家としての才能あふれる池田千種。武道に没頭する男勝りな星野逸子。身体は不自由ながら想像力豊かな犬飼華羊。素直で女性らしい優しさに満ちた緒方陽子。
 戦争の足音が近づく不自由な時代にありながら、彼女たちは短い青春を精一杯謳歌していた。しかし彼女たちの明るい日々に、不穏な影が忍び寄り……。
 奇才・牧野修、渾身の青春時代小説が登場!

試し読みをする
【書誌情報】
大正二十九年の乙女たち
牧野 修
  • 発売日 2011年4月25日
  • 定価 (本体670円+税)
  • ISBN 978-4-04-870286-7
著者プロフィール

『傀儡后』『スイート・リトル・ベイビー』など多数のSF小説やホラー作品を発表しつづけている奇才。映画やゲームのノベライズも手掛ける。

牧野 修の作品

ページの先頭へ