謎の女性・紫が書こうとする、“この世で一番面白い小説”とは?
小説家の作り方
著者/野崎まど
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

「小説の書き方を教えていただけませんでしょうか。私は、この世で一番面白い小説のアイデアを閃いてしまったのです――」。
 駆け出しの作家・物実のもとに初めて来たファンレター。それは小説執筆指南の依頼だった。半信半疑の彼が出向いた喫茶店で出会ったのは、世間知らずでどこかズレている女性・紫。先のファンレター以外全く文章を書いたことがないという彼女に、物実は「小説の書き方」を指導していくが――。
 野崎まど待望の新作ミステリーノベル……改め、意表を突く切り口で描かれる『ノベル・ミステリー』登場。

試し読みをする
【書誌情報】
小説家の作り方
野崎まど
  • 発売日 2011年3月25日
  • 定価 (本体530円+税)
  • ISBN 978-4-04-870473-1
著者プロフィール

著者は耳から耳まで届くくらい大きな口でニヤニヤと笑っています。アリスは聞きました。「どうしてその著者はニヤニヤ笑っているのですか?」「これは著者ねこ」

野崎まどの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ