その少女の運命が歴史を変える――
史実と虚構が融合した新感覚ノベル登場!
桃の侍、金剛のパトリオット
著者/浅生 楽
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 1900年、清朝末期の中国で、魔神の「金剛力」を秘めた子を産む運命を背負う「桃源公主」が産声をあげた。「香桃」と名付けられた彼女は、神秘教団「義和団」の村で育つが、彼女を狙う清の将軍袁世凱の軍が村を襲撃する。だが香桃は村に潜んでいた旧長岡藩士鬼頭周蔵の機転で日本に亡命した。
 時は流れて1914年、浅草で占い小屋を営む書生、宇佐美俊介のもとに侍装束の少女が現れ、彼の占い札に妖力が宿っていることを告げる。彼女の正体は成長した香桃だった――。
 日本近代、辛亥革命、そして世界大戦――激動の極東に渦巻く謀略の最中に繰り広げられる歴史伝奇浪漫!

試し読みをする
【書誌情報】
桃の侍、金剛のパトリオット
浅生 楽
  • 発売日 2011年4月25日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-870493-9
著者プロフィール

第16回電撃小説大賞に応募した『ミネルヴァと智慧の樹 始原』でデビュー。大学講師(専門はヨーロッパ史)との兼業作家。浅草とアキバの中間あたりに生息中。

浅生 楽の作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ