奇想天外な謎(?)を、かめ探偵は甲羅の中で推理する
かめ探偵K
著者/北野勇作
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 街はずれに、寂れた博物館が建っていました。なんの変哲もない建物ですが、その屋根裏部屋には、亀が住んでいるのです。部屋の扉には、クレヨンでこう書かれています。
「かめ探偵K」。
 かめ探偵Kの仕事は3つ。1つめは「甲羅干し」。2つめは「かめ体操」。そして3つめが「謎解き」。依頼人が持ち込んでくる奇想天外な謎を、かめ探偵Kは甲羅の中で推理していきます。はてさて、どうなることやら……。
 SF作家・北野勇作が紡ぐ、どこか懐かしい、でも近未来の小さな小さなおはなし。

試し読みをする
【書誌情報】
かめ探偵K
北野勇作
  • 発売日 2011年5月25日
  • 定価 (本体610円+税)
  • ISBN 978-4-04-870559-2
著者プロフィール

SF作家でもあり、落語作家でもあり、舞台役者でもあり、トランペット奏者でもある。日本SF大賞を受賞した『かめくん』をはじめ、ユニークな作風で知られる。

北野勇作の作品

ページの先頭へ