純粋にして実直。まだ若かりし真田幸村の初陣となる
上田城攻防戦の行方は──。
ロクモンセンキ〈上〉
著者/出海まこと
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 天正十三年、晩夏。上杉家の人質として春日山で槍の稽古に励む真田幸村の許に届いたのは、徳川家による上田攻めの一報。上野沼田の地を巡り、徳川・北条両家による真田家討伐がついに始まった。まだ初陣前の幸村も上杉景勝の許しを得て上田城に急行し、真田家存続をかけた一戦に参加することに……。だがそこで目の当たりにするのは、絶対的な戦力差と、父・昌幸が描く老獪な作戦だった。
 北条征伐のきっかけとなる攻防戦。その裏に渦巻く秀吉・家康の陰謀の中、まだ若かりし幸村が戦場を駆け抜ける──。
 出海まことが贈る、まだ若かりし幸村の青春大河小説開幕!

試し読みをする
【書誌情報】
ロクモンセンキ〈上〉
出海まこと
  • 発売日 2011年6月25日
  • 定価 (本体550円+税)
  • ISBN 978-4-04-870599-8
著者プロフィール

小説家。代表作に、生き延びた永倉新八を主人公にした『鬼神新選』シリーズ(電撃文庫)、『邪神ハンター』『メガブレイド』(ともに青心社)などがある。

出海まことの作品

同じジャンルの作品

同じジャンルの本を検索する

ページの先頭へ