山県有朋と孫文の会談を実現させよ!
史実と虚構が融合する歴史伝奇浪漫!!
桃の侍、金剛のパトリオット2
著者/浅生 楽
この作品のキーワード:
※試し読みページがある場合、表紙画像のクリックで表示します

あらすじ

 松島との戦いから一か月が過ぎた頃、俊介とモモの前に一人の中国人女性が現れた。彼女の名は宋慶齢――袁世凱に追われ日本に亡命した革命家孫文の秘書であった。慶齢の手引きで孫文との親交を深めるようになったモモは、孫文と共闘して袁世凱を打倒することを強く望み始める。だがモモのことを案じる俊介は慎重策にこだわり、二人の間には次第に亀裂が生じ始める。一方、満州族の利益のために動き続ける蘭芳は一計を案じ、慶齢にある提案を持ちかけ、孫文と山県の会談を画策するのだが――。
 亜細亜近代史の闇を駆ける歴史伝奇浪漫、第二弾!

試し読みをする
【書誌情報】
桃の侍、金剛のパトリオット2
浅生 楽
  • 発売日 2011年9月26日
  • 定価 (本体630円+税)
  • ISBN 978-4-04-870746-6
著者プロフィール

第16回電撃小説大賞に応募した『ミネルヴァと智慧の樹 始原』でデビュー。大学講師(専門はヨーロッパ史)との兼業作家。浅草とアキバの中間あたりに生息中。

浅生 楽の作品

ページの先頭へ